2011年02月09日

名人登場!

昨日、のっちぃの小学校では授業の中で「むかしあそび」が行われました。

コマまわしや竹馬、けん玉など、昔からある遊びを体験しようという授業です。

子どもたちのおじいちゃん、おばあちゃんも参加して世代を超えた授業となりました。

もちろん、じっじも参加してくれました。





続きを読む
posted by パパチャリ at 05:56| Comment(7) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

パパ・ママ応援ショップ

埼玉県では『パパ・ママ応援ショップ』という取り組みを始めています。




続きを読む
posted by パパチャリ at 11:54| Comment(1) | TrackBack(1) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

さむい!

最近、保育園へ迎えに行くときは既にあたりは真っ暗です。

でも、それだけではありません。


続きを読む
posted by パパチャリ at 06:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ふれあい

私は中村雅俊さんが大好きです。

いや、決してゲイではありませんあせあせ(飛び散る汗)

役者としての中村雅俊さんがお気に入りなのです。

一番最初にハマッたのは学園ドラマ『ゆうひが丘の総理大臣』でした。かなり昔のドラマです。



続きを読む
posted by パパチャリ at 12:53| Comment(2) | TrackBack(1) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

たまもの探しの旅

先週の土曜日、義理の妹一家が遊びにやってきました。妹夫婦には来月5歳になる男の子と、現在、1歳4か月になる男の子、二人のお子さんがいます。

今までは、わが子も含めて三人だけで、上手には遊べませんでした。おもちゃの取りあいになって、誰かがすぐに泣き出してしまったり...。それが今では放っておいても三人で仲良く遊んでいます。


続きを読む
posted by パパチャリ at 05:39| Comment(6) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

パパチャリ調査隊が行く!−予防接種のお値段

先週末、じっじのパソコンを直しに行ってきました。紆余曲折しながらも、姉と協力してなんとか復元に成功。とりあえずは動作的には問題ないところまで持ってくることができました。

それにしてもパソコンがウィルスにやられると本当に大変です!皆さんもしっかりとウィルス対策しておきましょう!

さて、ウィルスといえば...


続きを読む
posted by パパチャリ at 05:01| Comment(9) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

美しい国、日本?

ある保育園での出来事。

パパさんが子どもを保育園に登園させると先生から

「今、手足口病が流行っている。」

と言われたそうです。

そして、その日の夕方...。
続きを読む
posted by パパチャリ at 06:20| Comment(3) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

父親力

昨日、本屋で気になる見出しをみつけて、思わず手に取りました。

その見出しは

『父親力−子育てに自信がありますか』

雑誌、週刊ダイヤモンドの表紙でした。
20ページ以上を割いての特集記事で、私もまだすべてに目を通してはいませんが、なかなか読み応えのある内容です。

ランキングに参加しています。クリックのご協力、お願いします!↓

にほんブログ村


続きを読む
posted by パパチャリ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

すぐキレる子ども、キレない子ども

公園にはいろいろな遊具がありますが、皆さんのお子さんのお気に入りは何ですか?

すべり台?
ブランコ?
シーソー?
お砂場?

中には

『水飲み場の水道の蛇口!』

なんていうお子さんもいるかもしれません。

わが子の一番のお気に入りは『すべり台』でした。

というか、今でもお気に入りには違いありません。公園に行くと必ずすべり台に走り寄っていきますから、嬉しそうに。

でも、最近、そのお気に入り一番の座をおびやかす存在が出てきたのです。

それは...



続きを読む
posted by パパチャリ at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ヒディンク監督に学ぶ

昨夜は久しぶりにテレビを見ました。そう、ワールドカップ、日本vsオーストラリア戦。ジーコジャパンの初戦です。

結果は皆さんもご承知のとおり。
ヒディンク監督の積極的な采配ぶりは、前回、日韓大会のときと変わらず見事でした。敵ながら「あっぱれ!」です。

それにしても日本が放ったシュートはたったの6本。これでは「勝て!」と言われても難しいですね。特に決定力不足が指摘されている日本ですから...。(ちなみにオーストラリアは20本)

シュートが枠を捉えていないのは論外としても、決定的なチャンスに「自分がゴールを決めるのだ!」「自分が得点するのだ!」というどん欲な姿勢が日本の選手に見えてこないのはなぜなのでしょう。

日本のフォワード陣に、わが子の『なんでも自分でやらなければ済まない気持ち』を、わけてあげたいくらいです。

逆に『負けてはいけない試合』で、ヒディンク監督は次々とフォワードの選手を投入、攻める姿勢を貫きました。そしてその期待に選手も積極的なプレーで見事に答えました。

試合が終わった後、しばらくは敗戦のショックでボッーとしていたのですが、次第に攻めること、すなわち積極性をもつことの大切さを私は感じ始めていました。サッカーの試合だけではなく、子育てにおいても...。

子どもはいろいろなものに興味を持ちます。時には危ないことも平気でやろうとします。しかも、何もかも自分でやらなければ気が済みません。

多分、それは子どもが成長する上では当然のことで、子どもは、体験することによって物事をひとつひとつ覚えていくのでしょう。

その成長過程における当然の行動を、今まで、私が先回りしてサポートしたり、あれこれ横で口出しすることによって塞いでしまっていたのではないだろうか。子どもの健全な成長を阻害してしまっていたのではないだろうか。今までどれだけわが子の積極性の芽を摘んできたことだろう...。そんな自省の気持ちが敗戦のショックに追い打ちをかけドヨ〜ンと気持ちが重くなりました。

これからはわが子には、
「自分でやりたいのかぃ。ならば自分でやってみなさい。」
と言えるようになりたい。いや、言うようにしたい。

もちろん、その結果として『失敗』し、子どもが痛い目に遭うかもしれません。でも、その『失敗』の経験を通して、子どもはまた学ぶものだと私は信じたい。逆に、積極性の芽を摘むことによる『失敗』を私はしたくない。それが正しいかどうかなどはわかりません。

でも、そんな『絶対積極』の気持ちを持って、子育てをしていこう。その思いを強くしたのでした。

今日はヒディンク監督に考えさせられました。私も最後まで諦めず、積極的な子育てをしていきたいと思います。

「ありがとう!」

そして、ジーコ・ジャパン!
『絶対積極』の気持ちで最後まで諦めずにがんばれ〜!!

↓↓↓ランキング参加中。クリックをお願いします。

ブログランキングranQ
posted by パパチャリ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

新しい生命に乾杯♪

2006年6月6日午後1時43分、新しい生命がまたひとつ、この地球に誕生しました。

新たにパパさん、ママさんの仲間入りしたのは、私の知り合いのご夫婦さん。ママさんは新進気鋭のファッションパタンナー。パパさんは、背が高くて、かっこよくて、男前で...。

えっ、私とは正反対?

よけいなお世話です!フン!

とにかく素敵なご夫婦さんなのです。

実は、この家族、とても覚えやすいのです。
ママさんの誕生日は1月1日。パパさんの誕生日は1月11日。そしてお子さんの誕生日が6月6日。ねっ、覚えやすいでしょう。

予定日よりだいぶ早かったので、少し心配していましたが、母子ともに健康のご様子。本当に良かった。ご家族も「ホッ」とひと安心されたことでしょう。

私たちが通ってきた子育ての道を、この新米パパさん&ママさんもこれから歩んでいくんだなあ、と思うと感慨深いものがあります。そういえば、わが子が産まれたときはどうだったかなぁ?

それにしても最近、子どもを取り巻く悲しい事件が多いですね。新しい生命が誕生する裏で、幼くして消えていく生命について毎日のようにテレビで報道されています。そして、それらの事件には必ず大人が絡んでいます。

そして、その犯行動機が「ムシャクシャしていたから...」「気にいらなかったから...」など、まるで子どもそのもの。

わが子は、自分の思うとおりにならないと「キー、キー」言って泣き叫びます。

その姿と、問題のある大人の姿が重なって見えます。そう、『精神的に大人になりきれていない大人がいること』、これが問題。だって、わが子と同じレベルですよ、はっきり言って。「ムシャクシャしたからやった」なんて。大人が言うことではない。幼稚すぎる。

キレる子どもが問題視されていますが、本当に問題視されなければならないのは『キレる大人がいること』なのだと思います。彼らの矛先は常に弱者である子どもに向かってしまうのですから。

おっと、暗い話になってしまいましたね。今日はおめでたい日ですから、この話題はこのくらいにして。

最後に、若きパパさん、ママさんにひとつの言葉を贈ります。この言葉、先日、保育園の講演会で講師の方がお話ししてくださったものです。私自身、子育てするにあたって肝に銘じておこうと思っているものです。

赤ちゃんは肌を離すな。
おさなごは手を離すな。
子どもは目を離すな。
若者は心を離すな。


今日はありがとうではなく、別の言葉で締めくくりたいとい思います。

「おめでとう!」

そして、パパママワールドへようこそ!(笑)

↓↓↓クリックしてみてください。
ブログランキングranQ

↓↓↓6月6日生まれの人、おめでとうございます!
『今日も語ろうかなあ』
『☆煎茶とさくら餅☆』
『猫部屋★オランダで育児奮闘中!』

『木の家具、いい暮らし...』
『子育て毒論』
『In dark, deep darkness』

posted by パパチャリ at 10:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

努力は人を裏切らない

先週、サッカードイツワールドカップに向けて日本代表メンバーが発表されました。

ジーコ監督が淡々とメンバーを発表していく中、最後に「マキ」と名前を告げると会場が一瞬どよめきました。唯一サプライズといえばサプライズ。有力とされた久保選手の名前はそこになく、巻選手が代表に選ばれたのです。

その巻選手が代表入りを受けて言った言葉がタイトルの言葉。

「努力は人を裏切らない」

巻選手は最後の最後までボールにくらいついていく、いわば『どろくさいタイプの選手』。ボールがタッチラインを割りそうなときでも最後まであきらめずに全速力で追いかけていくのです。

最後まであきらめずに努力する、そんな選手の言葉だからこそ、この言葉は妙に納得してしまいました。

私は子育てにおいてもこの言葉どおりであってほしいと思うのですが、先日、ある人から次のような話を聞きました。

「子育ては不条理だ。立派な家庭で立派な子どもが育つとは限らない。甘やかして育ててうまくいく家庭もあればそうでない家庭もある。放任主義でしっかり成長する子もあれば関わりの薄い親子関係になってしまう場合だってある。厳しく育てたからといってしつけのしっかりとした子どもになるわけではない。」

そのような内容でした。
う〜む、確かにそのとおりなのかもしれません。

子育てに唯一絶対の答えなどないのだと思います。それぞれが置かれた家庭環境が違いますし、子どもの性格もひとりひとり違います。いろいろな育て方や形があっていいでしょう。

でも、私は思うのです。

育て方や形は異なっても、子どもに対する愛情を親が持ち続けていかなければならないと。

  どんなに物を与えてもそこに愛情がなかったら...。

  どんなにやさしく接していてもそこに愛情がなかったら...。

  厳しく叱る場合にもそこに愛情がなかったら...。

もちろん、常に愛情を持ち続けるというのは大変なことでしょう。
仕事のこと、人間関係のこと、その他諸々のことで親もストレスをため込んでしまうことがあるからです。

でも、なるべく子どもに愛情を持って接し続けたいと思うのです。

格好良くなくてもいい。

どろくさくてもいい。

いつも子どもに愛情を持って接する努力を忘れないようにしたい。

努力は人を裏切らないのだから...。

今日は素敵な言葉をくれた巻選手に感謝します。

「ありがとう!」

がんばれ!日本!!

ブログランキングranQ


posted by パパチャリ at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ことばをたべさせていますか?

昨日は子どもが通う保育園でクラス懇談会があり、仕事の都合をつけて行ってきました。

子どもの保育園での様子をいろいろと教えていただいたり、逆に家での様子をこちらから話したり。話を聞いていてどこの家庭も同じなんだなぁ、と実感。少しホッとしましたね。

さて、懇談会が終わり保護者会の総会をはさんで、元蓮田さわやか相談員の方の講演会がありました。

『さわやか相談員』とは、いじめや不登校の問題解消の一環として埼玉県が県内の中学校に設置したもの。生徒や保護者が悩みごとを気軽に相談できる体制づくりを進めており、その一環として相談員さんがいるのです。

その方が講演の中で次のようなお話をされました。

「毎日ご飯を食べるのと同じように、『ことば』をかみくだいて反芻して毎日毎日子どもに食べさせてください。普段使っている言葉だけでは貧弱です。ぜひいろいろな絵本を読んであげてください。おいしい『ことば』を日々の糧として口うつしで伝えていってください。そうすると子どもは内面に『ことば』をたくわえるようになります。そしてその内なる『ことば』が生きていくときに心に働きかけるようになるのです。『ことば』が楽しみと幸福をもたらし、人の話を聞くことのできる子どもになるのです。」

確か、こんな内容でした。

ハッとしましたね、これを聞いたとき。

普段何気なく使っている『ことば』を子どもは実によく聞いています。私の使ってるきたない『ことば』を子どもが真似して言っていたときは、思わず「ゾッ!」としました。がく〜(落胆した顔)

我が家もなるべくたくさんの絵本を読むようにしようと思います。早速、昨晩は妻がバーバパパの絵本を読んでくれました。今日は何にしようかな?

昨日は良いお話しを聞くことができ、貴重な時間となりました。そのことに感謝します。

「ありがとう!」

そういえばその講演の中でこんなことも言ってました。

「子育ては人生の中で一番大切な仕事。つらく大変な事もあるかもしれないけれど、いい時をあたえられたと思って子育てしてほしい。」

ハイ!がんばりまするんるん

↓↓↓もしよろしければクリックをお願いします。
ブログランキングranQ

絵本を読むことについての関連ブログです。ぜひご参考になさってみてください。
↓↓↓
『お金をかけずにわが子を賢くしよう♪』
『子育てママの育児記録』

posted by パパチャリ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

世界中の愛情を感じとる

昨日は我が家の魔法のことばを紹介しました。魔法のことばといえば、子育て書のベストセラーに『子どもが育つ魔法の言葉』という本があります。著者のドロシー・ロー・ノルトさんは子育てコンサルタント。昨年惜しまれつつ天に召されましたが、彼女が残した子育てに関する財産は多くの人に引き継がれていくことでしょう。

実は、日本の埼玉の、しかも蓮田市のちっぽけな我が家のトイレにも彼女の財産は引き継がれています。↓↓↓↓
我が家のトイレに飾ってます

ドロシー・ロー・ノルトさんが書いた『子ども』という詩です。以前、某皇太子が感銘を受けたと言って紹介したものですね。

子育てに大事なこととして妻が書きとめてくれたものです。そして、いつも忘れないようにトイレに置いてくれているのです。

           子ども

 「批判ばかりされた子どもは非難することをおぼえる
 
  殴られて大きくなった子どもは力にたよることをおぼえる  

  笑いものにされた子どもはものを言わずにいることをおぼえる  

  皮肉にさらされた子どもは鈍い良心のもちぬしとなる


  しかし、激励をうけた子どもは自信をおぼえる  

  寛容にであった子どもは忍耐をおぼえる  

  賞賛をうけた子どもは評価することをおぼえる  

  フェアプレーを経験した子どもは公正をおぼえる  

  友情を知る子どもは親切をおぼえる  

  安心を経験した子どもは信頼をおぼえる  

  可愛がられ抱きしめられた子どもは
         世界中の愛情を感じ取ることをおぼえる」

                ドロシー・ロー・ノルト


この詩がトイレに飾られてからは私も極力抱きしめてあげるようにしています。トイレでおしっこができたら「すごい!すごい!」と言って抱きしめ、一人でパズルができたら「すごい!すごい!」と抱きしめ。

でも、なかなか続かないんですよねぇ、これが。ついつい忘れてしまうんです。トイレに入ってこの詩をみては「あぁ、そうだよなぁ...。」といつも反省しております。

今日はトイレにこの詩を飾ってくれた妻に感謝します。

「ありがとう!」

ブログランキングranQ
posted by パパチャリ at 05:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

ビデオの日

我が家では毎週火曜日は『ビデオの日』と制定されています。

それには我が家から一番近いレンタルビデオ屋さんが深く関係しています。そのレンタルビデオ屋さん、毎月第2、第4火曜日にはなんと通常価格の半額(125円)で借りられるのです。これは火曜日に利用しない手はありません。しかも小さい子どもにはペロペロキャンデーのおまけつきるんるん今では子どもはビデオよりペロペロキャンデーを目当てにレンタルビデオ屋に行っています。

そもそものきっかけは去年の夏頃。『機関車トーマス』に興味を持ち始めた我が子は毎週の『ポンキッキーズ』の時間だけでは満足できず、レンタルビデオのお世話になることとなったのです。(今、『ポンキッキーズ』は金曜の午後3時頃になったようですね。この時間だとビデオ録画をどうしても忘れてしまうなぁ...)

レンタルビデオ屋さんにあるトーマスシリーズをほとんど制覇し、『ボブとはたらくブーブーズ』を経て、今は『アンパンマン』に夢中です。

ところが最近、新しい情報をキャッチ!
少し場所は遠くなるのですが、毎週火曜日には100円で借りられるレンタルビデオ屋さんがあるとのこと!今日はそちらへ行ってみることにします。同じビデオなら少しでも安い方がいいですものね。

この情報を教えてくれた知り合いに感謝します。また、子どもの水ぼうそうも良くなっていること感謝です。

「ありがとう!」

我が子よ、今日からペロペロキャンデーはなくなると思うが、そこらへんのとこよろしくるんるん

posted by パパチャリ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

子育てはつらいよ

子どもの教育費って平均いくらくらいかかるか知っていますか?

突然切り出してしまいましたが、実はこの気になる問いの答えを知ることができるのです。それが文部科学省の子どもの学習費調査結果

調査内容は『学校教育費』『学校給食費』『学校外活動費』の3点。幼稚園から高校(全日制)までの幼児・児童・生徒を対象としており、平成16年度の調査結果が昨年暮れに発表されました。

この調査結果をみると幼稚園から高校まですべて国公立の親孝行タイプで学習費合計はおよそ531万円。幼稚園だけが私立の場合には約586万円。高校だけが私立ならば約685万円。幼稚園&高校が私立のケースでは約740万円。

ここには大学の費用が入っておりませんが、国公立大学で400万円〜500万円程度かかると言われてます。某生命保険のCMで、『ひ○みちお兄さん』が、「教育費用は1,000万円かかるなぁ」などとさわやかな笑顔で言っている根拠は実はここにあるのです。(それにしてもそんなことさわやかな笑顔で言うなっちゅーの!)私のところは子どもが一人だからまだいいのですが、子だくさんの家庭はさぞかし大変でしょう。

実は私の身の回りには子だくさんの家庭がいっぱい。

ざっと数えただけでも子どもが3人の家庭、4人の家庭、5人、そして7人!
(しかも、その3人、5人のお子さんがいらっしゃる家庭はなんと現在お二人とも妊娠中!)

子どもが小さいうちはまだ良いのですが、だんだん大きくなるとズシリと教育費の負担がのしかかってくるだろうなぁ、と心配してしまいます。
現に、7人子どもがいらっしゃる家庭では上のお子さんたちの学歴は中卒もしくは高校中退でした。もちろん教育費だけが原因ではないのでしょうが...。

国も『少子化問題』を本気で考えているならこれらの家庭をもっと手厚くサポートしなさいよ。3人めの子どもが産まれたら100万円贈呈とか、4人めの子どもが産まれたら学費免除とか。それくらい大胆な改革案出してみろっちゅーの!

と、建設的提案はこれくらいにして(どこがじゃ?!)、とにかくこの調査結果、かなり細かいところまで出ているので見るだけでも結構面白いです。ぜひ一度、ご覧になってみてください。

どんなにつらくても子どものかわいい笑顔を見たらがんばれる。その子どもの笑顔に

「ありがとう!」

でもホント、子育てはつらいよ...はぁ。
posted by パパチャリ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆子育て全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。