2009年10月19日

なつかしい光景

先日、家族全員でインフルエンザの予防接種に行ってきました。

インフルエンザといってもいわゆる「新型」ではありません。

毎年受けている「旧型(こんな呼び方はしないと思いますが...)」です。接種場所はいつもの西村内科クリニック。

インフルエンザが流行する前に早めに対策とりました。子どもたちはあと一回残ってますけど。

で、流行といえば...












のっちぃがポケモンカードゲームにハマっているという話をしました。

のっちぃがハマりだして初めて私は知ったのですが、今は各地のおもちゃ屋さんなどでカードゲームの大会がたくさん開かれているのですね。

ポケモンだけでなくデュエルマスターズなどたくさんのカードがあって、どうやらそれぞれ遊び方があるらしく...。

カードゲームごとに各地のおもちゃ屋でゲーム大会が開かれているのです。

この前、初めてのっちぃと行ってみましたよ。

会場は都内のおもちゃ屋。

今やおもちゃ屋というと『トイザらス』ですが、会場となっているのはパパチャリが子どもの頃、町にあったような個人経営の小さなおもちゃ屋。

中に入ると奥の方にカードゲーム用の小さな部屋があるのですが、そこにはポケモンカードゲームが好きな方々が大人も子どももあわせて15人くらいいたでしょうか。小さな部屋にぎっしりと。すごい熱気でした。あせあせ(飛び散る汗)

行く前までは、大会といってもせいぜい4,5人くらいのこぢんまりとした大会だろうと思っていたんですけどね。ビックリしました。

参加している子どもたちは常連さんなのでしょう。カードを操る手の動きも滑らか、そしてスピーディー。わが家でやっている倍、もしくは3倍のスピードで次々と進んでいきます。

その姿、ちょっとオタクっぽくもあるのですが、みんな真剣。

そして楽しそう。



パパチャリは嬉しかったですね。



都内にもこんな町のおもちゃ屋さんがまだ残っていてるんだという思い。


おもちゃ屋の中ではカードゲームを楽しむ子どもたち。


外では子どもたちが集まってラジコンで楽しんでおり。


こんな昭和の雰囲気を漂せるおもちゃ屋がまだ残っているということに感激でした。

子どもたちが集まって遊んでいることにもホッとしました。

少子化で、外で遊ぶ子どもたちの姿をみかけなくなっているという思いもありましたので。

昔であれば、ベーゴマやメンコだったでしょう。

遊ぶ物こそカードゲームやラジコンに変わっているものの、遊びに熱中する子どもたちの姿がそこにはありました。


子どもたちがおもちゃ屋に集まって大人も子供も一緒になって楽しんでいる姿。


おもちゃ屋のご主人も子どもたちが大好きな様子。


こんな光景、これからも残っていくといいなと思いました。


今日はなんともいえない嬉しい気持ちにさせてくれたおもちゃ屋さんに感謝します。


「ありがとう」


で、肝心の大会の結果ですが...

のっちぃ、1勝3敗。

1勝といっても不戦勝。

実質全敗...。

のっちぃ、かなりへこんでたみたいです。その姿もかわいく。

まぁ、相手が常連&諸学生のお兄ちゃんお姉ちゃんだったことを思えば仕方がないことでしょう。のっちぃは初めてだったわけだし。もう少しで勝ちそうなゲームもあったよねぇ、などと励ましつつ帰途につきました。


posted by パパチャリ at 06:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ◆わが子の成長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のっちぃくん頑張ったようですね。
だんだん強くなれますよ。
今は秋のよい時期だから、
アウトドアの遊びも
いいですね。
風邪もひかないように。
Posted by JB at 2009年10月19日 09:23
コメントありがとうございます。
今、チェスにもハマってます、のっちぃ。

先日、いとこからのっちぃあてにプレゼントとして送られてきたのです。

送られてきたはいいのですが、わが家でチェスのルールを知っている人が誰もおらず...。

将棋の西洋版という認識しかなく...。

ママが説明書片手に奮闘してます(^^;

Posted by パパチャリ at 2009年10月29日 05:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。